アクセスランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行ってきました。会社を抜けだして。
「もうしばらく休まなくたっていいので、10/8だけ早く帰らせてください」
とお願いしておいた甲斐があったってもんです。

「今日はサカナクションですよね」
「今日はさかなクンだったよね。早く帰りなー。」(誤解)

という同僚の皆さんからの支援があり、武道館行ってまいりました!

sakanaction.jpg

色んなことを感じたので、何か書きたいと思ったのだけど
速報レポートが上がっていたので、もう満足しました(笑)
セットリストも判明しました。ありがたい。

サカナクション 武道館ライブ 超速報レポート!
http://mfound.jp/topics/2010/10/001074.html

---------------------------------------------
■10月8日セットリスト
1, Ame(B)
2, ライトダンス
3, セントレイ
4, アドベンチャー
5, Klee
~MC~
6, フクロウ
7, 涙ディライト
8, アンダー
9, シーラカンスと僕
10, マレーシア32 ~ 21.1 ~ Paradise of Sunny
11, 新曲(タイトル未定)
12, ネイティブダンサー
13, インナーワールド
14, サンプル
15, 三日月サンセット
16, アルクアラウンド
17, アイデンティティ
18, enough

EN, GO TO THE FUTURE
EN, 白波トップウォーター

DEN, 目が明く藍色
(End Roll, ホーリーダンスInstrumental Remix)
---------------------------------------------

そして本日のライブはWOWOWで放送決定!

11月15日(月)深夜0:30~
「サカナクション LIVE at 武道館 SAKANAQUARIUM 21.1 (B)」
WOWOWでハイビジョン放送
http://www.wowow.co.jp/music/sakanaction/


感想をちょこっとだけ追記に書きます。

これはサカナクション武道館公演の打ち上げ会場から
放送されている「discord」を見ながら書きました。

鹿野さんも言われているし、ツイートでも散見される意見なのですが
武道館は天井も高く、丸に近い形なので、「SAKANAQUARIUM」という言葉通り
水族館というか、海の中・海の底にいる感じがすごくしました。

どのライブでも、「ネイティブダンサー」の手拍子はなかなか合わなくて
モヤモヤとした気持ちがあったのですが、今日はぴたり。
そういう一体感もすごくよかった。

それから、全体の構成と演出の素晴らしさ。
曲順も、映像も、照明やレーザーの演出も。

一郎さんがなぜあのセットリストにしたのか、
discordで話を聞いてちゃんと理解できた。

一郎さんと各メンバーとの関係もよくわかった。
とにかくザキオカさんに対しては、すごいお父さん的な目線なんですね(笑)

今日のライブで一郎さんが指揮者に見えることがあって
バンドのボーカルなんだから、それは当然なんだろうと思っていたけど
discordを見て、各メンバーとの距離感や関係性を見て、なぜそんな風に
見えたのか、少しわかったような気がしました。

普通のバンドだと、昔の曲はどうしても「古く」感じてしまうことがある。
聴き飽きてしまうから。でも今日のライブでは、1stアルバムの「GO TO THE FUTURE」、
2ndの「NIGHT FISHING」の曲が本当に多かった。そしてそれが新鮮に聴こえた。
もちろんアレンジや曲順の影響もあるとは思うけど、いつも一郎さんが言っている
「どんな時代が来ても決して古くならないものが本当の新しさだと思う」
という言葉がまさに実現されたライブだった。

魚に捨てるところがないように、サカナクションに捨てるところなし!
終わって振り返ってみると、最初の「Ame」の映像から
最後のエンドロールの終わりの終わりまでで、まるで
ひとつの物語か舞台のようでした。

「enough」は本当に心に残った。歌そのものも神がかっていましたし、
スタンドライトをつけて、消す、という演出はこれからもずっと忘れないと思います。

これまでライブハウスかフェスでしか見たことがなかったので
座席がある武道館ってどうなんだろう、と懐疑的に思っていた自分を
戒めてやりたいです。

一郎さんの理念がまさに体現された、集大成といえるライブだったと思います。
結成4年目での武道館ライブ。いったい今後どうなっていくのか、本当に楽しみです。
武道館であと5回くらいライブやりたいと一郎さんもおっしゃっていたので
首を長くして待っていようと思います(笑)

discord.jpg

以下、「discord」中の一郎さんの話を覚書。なんとなくで書き留めたので
間違っているところもあると思います。

・やるつもりなかったのに、「アイデンティティ」でこんなん(客に左右に手を振らせたw)
 なっちゃったりしてプロデューサーに笑われた(笑)

・これまでは制作やって、フェスがあって、ライブがあって。
 「Ame(B)」始まりは「シンシロ」以来、鉄板だった。
 ただそのままだと成長していかないから、『kikUUiki』では新しいことをやって。
 それでもAme(B)始まりはやりたかった。「ふくろう」みたいな曲は
 なかなか入れられないんですよ。フェスってサカナクションを知らない人に
 向けてもやらないといけないから。「涙ディライト」とか「enough」もそう。
 気持ちが入り過ぎちゃうから帰ってこれなくなっちゃう。
 だからもうやれないと思ったけど、「目の明く藍色」が
 出来たおかげでまたやれるようになったし。

・雨 空 宇宙 海 雲 夜
 アンダーで海の中
 enough=部屋 白波で浮
 目が明く藍色で高みにのぼる

・ロックのライブだったりコンサートって、すでにイメージがあるじゃないですか。
 僕はクラブミュージックが好きだったし、そういうイベントにもよく行ってたし
 ロックのライブにも行ってた。ロックのライブに来てる人たちの期待を裏切りたい
 という気持ちが皆にあった。

・武道館緊張しましたね。
 でも一回やったらわかることがたくさんありましたね。
 次はもっと面白いこと出来ますね。いろんな演出が思い浮かんできますね。

・メンバーへの質問:サカナクションに入る時、武道館にやることになると思った?

・(ベボベ小出さんと電話しながら)武道館って当たり前のことをやるのが難しい場所だよね

・「武道館克服ツアー」やるか!

・武道館でクラブイベントとかいいんじゃない?真ん中にステージとか作ってさ。
 ベボベとサカナクションが交互に演奏するとか。2ステージとか。

・三日月でほっとして調子乗ったら歌詞飛んだ。
 こういうのもライブだよね。いいと思う。

・「ホーリーダンスInstrumental Remix」は草刈とエジーがやってくれたんですよ。
 「久石譲っぽく」とだけリクエスト出したんですよ。

・ザキオカが調子乗ってー。「enough」の
 「何度でも人らしく」をちょっとためたね(笑)

Secret

TrackBackURL
→http://noppomojamoja.blog25.fc2.com/tb.php/1669-2bcd8194
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。