アクセスランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに東京公演も終わってしまいました。
観に行った後に読むメッセージは、これまでと少し違って見えます。

「チケットが取れなかった」という声は賢太郎さんにも届いているのですね。
この問題は、すぐに解決出来るものではないと思いますが、
私もいちファンとして、門戸がもう少し広がることを願っています。

「こんな面白い人達がいるんだよ」と紹介したくても
ライブに誘えないというのが一番悲しいのです。
今回、お笑いも舞台もあまり観に行かない知人を『SPOT』に誘いました。
正直、ライブ中もその子の反応が気になって私までドキドキしていました。
その子はライブ後、「やっぱり生で観ると違いますね!面白かったです!」
と言ってくれました。そうか、やっぱりライブで観てもらうって大事なんだな
と改めて実感した一瞬でした。


「劇場というメディアには良くも悪くも限界があります。
どんなに素敵なものが生まれても、
当たり前ですがそこにいる人にしか伝わりません。
他のメディアに比べて、その声はあまりにも小さい。
でも、だからこその強さがある。なくちゃいけない。」

直接的に同じことを言っているわけではないですが、
先程百年日記で読んだやっつんの文章と重なる気がしました。


KENTARO KOBAYSHI WORKS|message
http://kentarokobayashi.net/message.html#100331

残すところ、あと9公演。
次は静岡!公式キャッチフレーズ!

「未来への挑戦、あふれる活力、輝く静岡」
「文化祭かよ!」

どうぞお楽しみください!

10.3.31 [WED]
ライブポツネン2010『SPOT』東京公演が終わりました。
東京グローブ座にご来場のお客様、ありがとうございました。
いや~、盛り上がりましたねえ。
「ああ、ここがホームグラウンドなんだなあ」
なんて感じました。楽しかったです。

「チケットが取れなかった」という声は、
僕のところにも少なからず届いています。
特に東京は激戦区だったそうで。
観たいと思ってくれる人が沢山いるのはとても嬉しいことです。
でもそれに答えられないことは凄く悔しい。
そして本当に申し訳ない。ごめんなさい。
劇場というメディアには良くも悪くも限界があります。
どんなに素敵なものが生まれても、
当たり前ですがそこにいる人にしか伝わりません。
他のメディアに比べて、その声はあまりにも小さい。
でも、だからこその強さがある。なくちゃいけない。
演劇とかお笑いライブとか、
そういう大衆娯楽は開かれたものであるべきです。
興味をもったら、誰でも「すっ」と体験できるよう、
僕たちはもっと考えなくてはいけませんね。

さあ、ツアーは中間地点を超えました。
しっかり磨き上げた『SPOT』を、次は静岡にお届けします。
グランシップで会いましょう!

賢太郎

Secret

TrackBackURL
→http://noppomojamoja.blog25.fc2.com/tb.php/1545-fce83a75
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。